月別アーカイブ: 2018年4月

蒸しタオルを上手に使って洗顔をする【もう一度振り返ろう】

蒸しタオルを上手に使って洗顔する方法があります。というよりも私も蒸しタオルを使って洗顔をやってはいますが実はちょっとその洗顔方法だと足りなかったことに最近気づきました。
まず始めには私が洗顔する際に蒸しタオルを併用しているやり方を伝えますと、普通に【洗顔タオルにお湯を浸けて絞って広げて軽くパッと3,4回広げて、丁度良い温度にしてから顔に当てがって顔全体にタオルを乗せて20~30秒そのままにして取ってから洗顔をスタート…】以上のような流れで洗顔を始めます。
がしかし、これだけだと効果が不十分みたいです。もちろんこれだけでも良いです。ただもうちょっと高めるやり方があるということです。タオルの生地でもパイル地、シャーリング地、ガーゼ地、ワッフル織地、無撚糸地、朱子織地などがあります。
一般的にはパイル地、シャーリング地が主流ですが、おすすめは「パイル地」「無撚糸地」の2種類です。この2つが肌触りや刺激を考えるとベストかなと思います。そして、これをお湯で私は温めてしまうんですが、ラップをして「電子レンジ」で600Wで1分30秒ほどチンするほうが万遍なく温まるという意見が多くあります。でもまだ試したことはありませんw

よかせっけんVSノンエーの違いってなんだろ?

よかせっけんとノンエーの違いってなんなのかがよくわかりにくい人へ向けた記事になります。よかせっけんはとノンエーは共に評価の高い洗顔料でいろんな種類の物がネット上にも出ていますが、特に有名です。

その理由は”製品特徴”にあると私は思っています。

 

数ある洗顔料の場合はいろんな特徴がハッキリとは明記しておらず”高い洗浄力”や”お肌にフィット”など曖昧な表現が多いです。

 

この辺は薬事法も絡んでいるので仕方のない部分もあります。(薬事法…効果があります!など断定した表現が体質が人それぞれ異なるため書いてはいけないみたいな表現のこと)ですが、よかせっけんとノンエーはそれぞれ以下のように特徴を捉えれば良いと思います。

 

それぞれの特徴

よかせっけん

シリカ粒子により肌の奥まで洗浄粒子が入り込む。その上で美容成分を多く含んでいるので従来の洗顔料よりも非常に肌を傷つける可能性が少なく更に肌をより細かく綺麗に洗い流してくれる

ノンエー

赤ニキビ用の洗顔料と言われている。泡立ちの弾力や立ち具合が非常に高くて有名。7万件以上の肌トラブルを聞いてそこから研究して作られた洗顔料。美容成分も多分に含んでいる。

 

どっちが良いの?

結局は肌質に合った選び方や目的が大事だと思います。

ニキビにはノンエーが良いと思いますし、スキンケアをより高めるにはよか石鹸が良いと思います。ただどちらも肌のことを考えると一般的なものを使うよりは効果は高いし、肌トラブルも少ないように感じます。用途に合わせた選び方をしてください。

よかせっけんの毛穴口コミへ